© kitamuranaoya.jp

岐阜ビル

カーテンはテキスタイルデザイナーの森山茜さん

2020.11.14

カーテンは劇場や舞台、映画館をイメージさせるエンジ色に近い暖色にしました。誕生日会でよく見かけるカラーフィルムを重ねた模様となっています。

カーテン取付位置は奥行方向を調整し、実際より奥行きを感じるように取付けられています。色合いも空間の明るさと色に合わせて、手前は明るいオレンジ、奥へゆくほどトーンが落ちた紫色へと変化させています。森山さんとの打合せはイメージを伝えるとすぐに形にできる経験とセンスは流石でした。

岐阜柳ヶ瀬は昔衣類卸で隆盛していた経緯もありカーテンを使った提案となっていますが、柳ヶ瀬に卸していた生地を作っていたのは隣町の一宮でしたが、本プロジェクトのカーテンも同様に一宮で製作されます。

+1